金田家
2011年最後の麺はこちらで。
大分へ帰省する途中に、福岡県行橋市にある金田家立ち寄りました。
 
こちらのお店は暖簾分けのお店、金田家 和田党が広島市内にもありましたが、最近、店名を和田党に変え、味も一新したとのこと。
 
どのように味が変わったのか?
比較するために、まずは行橋本店に行ってきました

イメージ 7 


黒豚らーめん
値段:¥570(替玉150円)
スープ :トンコツ
麺 : 細麺ストレート
具 : チャーシュー・きくらげ・ネギ・海苔
 
ここの特徴ともいえる、クリーミーな泡立ちスープです。
飲んでみるとこってりとしていますが、しつこくなく旨いスープです。
 
鹿児島産黒豚の豚骨にこだわってスープを作っているそうで、これが一番コクが出るのだとか。
他にも、北海道産根昆布や大分産シイタケを使用し、旨みを出しているそうです。

確かにトンコツだけではない、複雑な旨みが、混じっているような味わいで、旨いです
イメージ 1

麺は細麺ストレート。
カタ麺で丁度良い噛み応えです。
 
細麺だからなのか、一気に食べ終わってしまい、替玉(¥150)も注文しました
イメージ 2

チャーシューは柔らかく、炙ってあるようです。
脂身が少ないので、しつこくなくGood
 
この日は、チャーシューメンを頼むと終了したとのことだったので、この1枚をゆっくり味わって食べました。 
イメージ 3
 
ここのクリーミーなスープは食べる度に好きになるような気がします。
また行きたいラーメン屋さんです。
ごちそうさま。
イメージ 4
 
 
もやしらーめん
値段:¥670(もやし+¥100)
スープ :濃厚トンコツ
麺 : 細麺ストレート
具 : チャーシュー・もやし・きくらげ・ネギ・海苔
 
こちらは妻が注文。
太めのもやし入りでした。
イメージ 5
妻の感想は以前より少しこってりすぎたとのこと。
まぁ感じ方は人それぞれということで・・
イメージ 6
2011/12/30
 
さて、気になるのは味と暖簾を一新した和田党の方ですが、どのように変わったのか?
また、行ってみたいと思います

過去記事:
2010年 8月 広島宝町:黒豚らーめん、チャーシューめん (2011年12月和田党に店名変更、2013年閉店)
2010年10月 行橋本店:もやしらーめん、チャーシューめん
2011年 6月 広島新天地:チャーシューめん (2011年12月和田党に店名変更)
 
【金田家】
営業時間:11:00~15:00 17:00~20:00
定休日:木曜日
駐車場:有り(6台)
 
↓↓↓黒豚トンコツを食べてみたい、という人は、クリック 
イメージ 8