北海道旅行の続きです。
 
札幌から次の目的地、函館
同じ道内なのに、札幌から函館まで特急列車で3時間半かけて
やっと着きました
イメージ 1
 
あじさい
イメージ 2
 
函館と言えば塩ラーメンでしょうということで、こちらの有名店へお邪魔しました。
 
こちらのあじさいは新千歳空港内にもある、メジャーなお店で、広島三越にも物産展で来たことがあります。
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
函館は札幌より涼しかったですが、とりあえず、生ビールで喉を潤します
 
付き出しに芝漬けと、チャーシューの細切れをマヨネーズで和えたマヨチャーが出てくるのが、嬉しいです。
 
あやうくビールをおかわりするとこでした
 
 
 
 
 
 
 
背脂チャーシュー麺 塩
イメージ 8
値段:¥1150
スープ :塩
麺 : 中細ストレート麺
具 : チャーシュー・水菜
   ねぎ・メンマ
 
醤油イカ墨から選べますが、基本のをチョイス
 
物産展イカ墨を食べたことがあるのですが、イカ墨もなかなかイケます
 
昆布をベースに豚骨と鶏ガラを合わせてとっているというスープは、見た目よりもコクのある旨さがあります
 
イメージ 9
 
 
透き通ったスープに、しっかり背脂が入ったコッテリ目のスープです。
 
直前に背脂を炒めることで、コクを出しているそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 10
 
 
別皿で出てきた黒マー油
 
途中でスープに投入すると、ニンニクの香りがプラスされ旨みもプラスされます
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 11
 
麺厨房というだけあって、中細のストレート麺は舌触りにこだわっているようです。
 
ツルツルッとした食感で旨い麺、量もたっぷりあります
イメージ 12
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昔風ラーメン
イメージ 13
値段:¥820
スープ :塩
麺 : 中細ストレート麺
具 : チャーシュー・ナルト・麩
   ゆで卵・ほうれん草
   海苔・ねぎ・メンマ
 
昔風ラーメンとは、創業当時の味や具材を再現しつつ、現代のテイストをミックスさせた原点回帰の一杯らしいです
 
昆布ダシだと思いますが、うどんの出汁のようなアッサリスープです。
 
 
イメージ 14
 
 
ほうれん草が入っていたり、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
ゆで卵も標準で入っていたり、他にもお麩ナルトなど、具沢山なラーメンでした。
 
ただ、コクのある背脂チャーシュー麺のスープと比べると少し物足りない感じのするスープでした。
イメージ 4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
このお店は創業年を数える老舗だそうです。
函館塩ラーメンを代表するお店で、旨い塩ラーメンを頂きました。
ごちそうさま。
 
近くには日本百名城五稜郭もあり、観光ついでに立ち寄ることができます
 
2013/7/14
 
【函館麺厨房 あじさい 本店】
TEL:0138-51-8373
営業時間:11:00〜20:25(LO)
定休日:第4月曜日(祝日の場合は営業し、翌平日が休日)
駐車場:有り
 
↓↓↓五稜郭の近くで老舗の塩ラーメンを食べてみたい、という人は、クリック
イメージ 6