【2018年4月21日 閉店】

ラーメン二郎

先日の東北出張の帰り、東京でラーメン二郎へ、かんちゃんK島さんと行ってきました。
(K島さん、連日連夜のお付き合いありがとうございました
 
本当は三田本店へ行きたかったトコですが、東京への到着が遅くなり、すでに閉店時間を過ぎてしまっている
どこが開いてるのだろうと思ってネット検索するとヒットしたのがこちら
二郎全店の営業時間が曜日毎にまとめられてあり、超便利
 
ということでまだ開いてそうな新橋店
イメージ 2
 
注文してしばらく待つと店のひとから、「ニンニクどうされますか~」と聞かれますので
お約束の呪文を唱えます
 
・ニンニク 刻み生ニンニク
・ヤサイ  最初から入っていますが、増量したいとき。もっと増やしたいときは、ヤサイマシサイマシマシ
・アブラ  背脂がトッピングされます。
・カラメ  醤油味が濃い目になります。
 
今回自分は、「ニンニク、ヤサイ、アブラ~
かんちゃんは、「ニンニク少なめ、ヤサイ、アブラ、カラメ~
K島さんは、「ニンニク~」
と唱えました
 
ラーメン
値段:¥700(味玉+¥100)
スープ :醤油+トンコツ、豚肉の出汁
麺 : 自家製極太ちぢれ麺
具 : チャーシュー・キャベツ・もやし、味玉

しずるの村上が書いた本では、新橋店は、量が少なめスープは乳化している味玉が魚ダシの味がしみていて旨い、ということだったので、味玉をプラスしてみました。
 
確かにスープの色が、三田本店府中店と違って白っぽく乳化してます。
イメージ 3
横から
キャベツともやしの山の頂上に凶暴な背脂が鎮座してます
 
量少な目と言う情報でしたが、そんなことはなさそう。
府中店よりは量が多く、三田本店と同じくらいといった感じです 
イメージ 4
 
大き目のチャーシュー 
かなり厚切りのバラ肉でこれだけでもかなり食べ応えあります
 
この日はこの肉が増量になる「ブタ入り」が売り切れだったので、増量できませんでしたが、これだけで十分かも。 
イメージ 5
 
そして二郎ならではの極太麺 
通常はパスタやパン作りに使われるという日清製粉のオーションという強力粉を使うのが二郎の麺の特徴だそうですが、かなりコシがあり、旨い麺です
 
ドンブリから麺がこぼれ落ちそうです 
イメージ 7
 
味玉はもう少しトロッとしてほしかったところ。 
しずるの村上が本に書いてる、魚ダシというのは分からなかったですが、強烈なボリュームの麺や野菜の箸休めになります 
イメージ 6
 
最後にもう一度麺リフトォ 
刻みニンニクがたっぷり絡み付いてガッツリくらいました。
 
ニンニク増量するとニンニクの辛みが引き立ってしまうので、ニンニク少なめがベストかもしれません。 
イメージ 8
 
3人とも最後まで食べ切り、腹パンパンで店を後にしました。
ごちそうさま。
イメージ 9
2013/10/18
 
 
イメージ 1
 
帰りに乗ったモヒカンジェット 
また来るゼッ
 
過去記事:
2010年11月 三田本店:ぶたラーメン
2013年 2月 府中店:ラーメン、ラーメン(全部入り)
2013年 4月 三田本店:ラーメン、ぶたラーメン(ヤサイ) 
 
【ラーメン二郎 新橋店】
営業時間:月~金11:00~22:30
     土・祝 11:00~21:00
定休日:日曜
駐車場:無し
ラーメン二郎全店営業時間一覧表:http://jiroramens.blogspot.jp/2014/06/blog-post_18.html
 
↓↓↓二郎へ行って呪文を唱えてみたいという人は、クリック
イメージ 12