ラーメン二郎

二郎ネタが続きます 
ほとんどの二郎は食べ歩いたという二郎ツゥ荒チューに誘われて、勢いがついた二人は横浜へ
 
横浜関内店汁なしが有名らしく、しずる村上の本によると、「関内といえば汁なし」という人も多いらしい。
 
もちろん荒チューもその辺は熟知していて、「スープが無いからそんなにボリュームないですよ」と、余裕の表情で列に並びます。
イメージ 1
 
そんな訳で八王子野猿街道店2に続き、帰りがけにもう1杯食って帰りました。 
並びながら観察しているとかなり多くの人が汁なしを注文しているようです。
 
券売機を見て汁なし¥80
安っと思いましたが、上の小ラーメンや、大ラーメンの食券を買って、プラス汁なし\80を買うシステムになっているらしいです。
つまり汁なしの方が¥80高いっつーことです 
イメージ 2
 

小ラーメン(汁なし)
値段:¥650(汁なし+¥80)
麺 : 自家製極太ちぢれ麺
具 : チャーシュー・キャべツ・もやし・刻みニンニク・卵黄・フライドオニオン
 
初の汁なし二郎にご対面です
 
確かにスープが無い分ボリューム感はそんなにない。
この位なら食べれるかも
イメージ 3

麺は二郎ならではの極太麺 
ベースとなる醤油だれにブラックペッパーも入っていて、スパイシーなテイスト
 
これに卵黄が絡みつくようによ~く混ぜます。 
よ~く混ぜていると最初の見た目とは違う、麺の量の多さに気づきます
 
やばい食べきれるのか 
イメージ 4
 
関内店の豚はバラ肉のロール 
他の二郎で使っているウデ肉よりはコストがかかるらしいですが、関内店の名物になっているらしい。
 
厚みもあり、脂身もジューシーで旨いです
しかしこの辺から味わう余裕がなくなってきた 
イメージ 5
 

小ラーメン(汁なし、チーズ入り)
値段:¥650(汁なし+¥80、チーズ+¥100)
 
荒チュー汁なしチーズをトッピング。
粉チーズがどっさりかかってきます。
 
卵黄とブラックペッパーと粉チーズでまるでカルボナーラのような組み合わせ。
この関内店でしか味わえない「横浜カルボ」というらしいです
 
荒チューはこれを汁まで完食・完飲凄いとしかいいようがないです
イメージ 6

荒チューは完食しましたが、自分はまさかの撃沈
お店の人には申し訳なかったですが少し残しました。
次回、万全の体調でリベンジしたいと思います。
ごちそうさま。
イメージ 7
2013/12/14
 
過去記事:
2010年11月 三田本店  ぶたラーメン
2013年 2月 府中店  ラーメン、ラーメン(全部入り)
2013年 4月 三田本店  ラーメン、ぶたラーメン(ヤサイ)
2013年10月 新橋店 (閉店)  ラーメン(味玉)
2013年12月 八王子野猿街道店2  小ラーメン(野菜・ニンニクマシ・ウズラ)、小ラーメン豚入り(野菜マシ)
 
【ラーメン二郎 横浜関内店】
営業時間:11:00~14:30 18:00~22:00
定休日:水曜
駐車場:無し
ラーメン二郎全店営業時間一覧表:http://jiroramens.blogspot.jp/2014/06/blog-post_18.html
 
↓↓↓二郎横浜カルボを食べてみたいという人は、クリック
イメージ 8