【2020年3月閉店 ⇒ 2020年6月1日 東京ラーメンスクエアへ移転OPEN】

                         うしお
オノミチ潮ラーメン でんやす

今月で尾道での営業を終了し、東京立川のラーメンスクエアへ移転するでんやすへ行ってきました 
夕方の開店5分前に着いたところ、先客は6名ほどでしたので開店と同時に入店できました
DSC_7429

まずは入口の券売機で食券を購入します
左から二番目の琥珀潮ラーメンは以前限定メニューだったものがレギュラーメニューになったようです
DSC_7430 (2)


琥珀潮ラーメン〆バターご飯定食
値段:¥1000
スープ :鯛+蛤出汁醤油
麺 : 中細ストレート麺
具 : 鯛皮煎餅・チャーシュー・ネギ・三つ葉・穂先メンマ

まずは琥珀潮ラーメン
〆のバターご飯とのセットです
DSC_7434

こちらの蛤ソースが小皿で提供されて、少しずつ溶かしながら食べるよう勧められました
DSC_7435

麺は中細の全粒粉麺。
小麦の香りとスープのの香りの競演が楽しめます
DSC_7436

先ほどの蛤ソースをスープに溶かして味わってみると、さらにの香りが強くなって濃厚な味わいです
DSC_7446

〆はバターご飯
DSC_7443

の香りがするスープをかけて、鯛皮煎餅もトッピング
バターの風味も加わった美味しいお茶漬けになりました
DSC_7450


特製でんやす式極つけ麺
値段:¥1050
スープ :鯛出汁醤油
麺 : 太ストレート麺
具 : 鯛皮煎餅・チャーシュー・ネギ・カイワレ・穂先メンマ・おぼろ昆布

こちらはでんやす式極つけ麺
特製にしたので具が豪華です
DSC_7438

つけ麺は透明な出汁に浸けられた状態で出てきました
DSC_7437

麺は全粒粉入りの太麺、かなり食べ応えがあります
DSC_7439

チャーシューは集めのバラチャーシューと
DSC_7440

ピンクのレアチャーシュー
種類と食感の違うチャーシューをたっぷり楽しみました
DSC_7441

鯛皮煎餅もカリッと香ばしく揚がってます
DSC_7442

 つけ汁は鯛出汁の香りがする醤油味。
太麺との相性はばっちりです
DSC_7444

ドンブリは鯛の鯛
DSC_7452

サイドメニューの手羽中唐揚げ(¥250)
揚げたて熱々で旨かったです
DSC_7433


FB_IMG_1583875995564 (2)

営業は残すところ今日のみ
こんな美味しいラーメンとつけ麺が尾道で食べられなくなるのは残念ですが、東京立川のラーメンスクエアへ行っても頑張ってほしいです
ごちそうさま。
琥珀潮ラーメン イメージ 4
特製でんやす式極つけ麺 イメージ 5
2020/3/7

過去記事:
2018年10月 特製澄まし潮ラーメン
2019年 5月  海老で鯛を釣るまぜそば
2019年12月 澄まし潮ラーメン、搾り潮ラーメン、麻辣油そば


【オノミチ潮ラーメン でんやす】
駐車場:無し(近くのパーキングの割引あり)

尾道では今日が最後のでんやす、移転前にぜひ食べてみたいという人は、クリック
イメージ 8