ラーメン二郎

先日、滋賀県の二郎系麺屋松龍を紹介しましたが、今回は本家のラーメン二郎に行ってきました
とは言っても本店ではなく、茨城県にある茨城守谷店です
店の外に5~6人の列がありましたが、ソーシャルディスタンスを意識して最後尾に接続
外まで二郎の魔法のスープの匂いがプンプンしてます
DSC_9086

店の外で約15分待って店内で食券購入です
麺量は小ラーメンが約350g、麺少なめが約250g、大ラーメンが約480gと分かりやすくなっています
麺半分 約160gというのもあるのでお腹のコンディションに合わせて注文可能です
DSC_9068 (2)

お腹のコンディションは良さそうだったので、購入したのは水色:小ラーメン赤:生卵青:豚増しで決定
店内で約10分待った後、カウンター席に案内されました。
DSC_9070


小ラーメン 豚増し 生卵
値段:¥790(豚増し+¥150、生卵+¥50)
スープ :醤油トンコツ、豚肉の出汁
麺 : 極太平打ちちぢれ麺
具 : チャーシュー・キャベツ・もやし

着席して約10分でラーメンの着丼です
呪文はニンニク少し、野菜にしました
DSC_9074

野菜たっぷりのサイドビュー
赤いカウンターの背景がバエます
DSC_9073

ニンニクの香りたっぷりのオイリーなスープに半身浴する豚ちゃん
DSC_9075

かなりゴツメのうで肉チャーシューがゴロゴロと入っています
DSC_9076

魔法のスープをしっかり纏った極太平打ち麺
DSC_9077

350gの麺と大量の野菜ですが、天地返しをして戦闘態勢に入ります
DSC_9080

最近テッパンの食べ方になってきたすき焼風
濃い味のスープと生卵のいい関係を味わえます
DSC_9081

塊のチャーシューは旨いので最後まで取っておきたいとこですが、後半はきつくなるので早めに片付けておくことが鉄則
DSC_9083

ドンブリより上に飛び出た部分をようやく片付けたとこですが、すでにこの辺でかなりきつくなってきます
でも、残りはまだ一人前以上
DSC_9084

根性で何とかスープ以外は完食しました
DSC_9085

マジでやばいかと思いました
ごちそうさま。
2020/9/17
イメージ 2

過去記事:
2010年11月 三田本店:ぶたラーメン
2013年 2月 府中店:ラーメン、ラーメン(全部入り)
2013年 4月 三田本店:ラーメン、ぶたラーメン(ヤサイ)
2013年10月 新橋店(閉店):ラーメン(味玉)
2013年12月 八王子野猿街道店2小ラーメン(野菜・ニンニクマシ・ウズラ),小ラーメン豚入り(野菜マシ)
2013年12月 横浜関内店小ラーメン(汁なし),(汁なし、チーズ入り)
2016年 3月  仙台店小豚ラーメン(野菜マシ)
2016年 4月  横浜関内店小ラーメン(汁なし)
2017年 4月  京都店:ラーメン(豚増し、野菜増し)
2017年10月 
三田本店ぶたラーメン(野菜)
2018年 3月  神田神保町店:小豚(野菜)

【ラーメン二郎 茨城守谷店】
営業時間:
月~金 11:30~14:15(LO) 18:00~21:15(LO)
土   11:30~14:45(LO)
定休日:日曜
駐車場:有り
お店twitter:https://twitter.com/genkimoriya
ラーメン二郎全店営業時間一覧表:http://jiroramens.blogspot.jp/2014/06/blog-post_18.html
 
二郎ラーメン、350gでも余裕で食べてやるぜっという人は、クリック
イメージ 8