夢を語れ

二郎系麺屋 松龍本家二郎 茨城守谷店と続いたので、もひとつ二郎系のネタです
夢を語れは今年の2月に広島にも出来ましたがまだ未訪、こちらの滋賀は今年9月3日にオープンしたばかりのピカピカのお店です
元々ラーメン荘 夢を語れとして京都に創業、ラーメン荘グループとしては他に「地球規模で考えろ」「歴史を刻め」「おもしろい方へ」「これが好きだから」があります。
現在は夢を語れとして、海外はボストン、国内は大分県別府市をはじめ全国へ出店中、2020年末までに47都道府県すべてに出店する計画なのだそうで、“夢”があるお店だと思います

前置きが長くなりましたが、夢を語れ 滋賀へは開店前に到着、7人目の列へ接続です
DSC_9221

17時の開店の少し前に順番に並んで食券の購入
コロナ対策のため、並んでる間におでこで検温、入口で手をアルコール消毒し、食券の購入は1人ずつ、後ろの人は離れて待つシステムで完璧、安心な対策をとられてます
DSC_9223 (2)

こちらのお店は1ロットで6人ずつラーメンを作っていく様で、席の案内も6人ずつ。
7番目の自分はセカンドロットの1番目で7番ゲートにゲートインです
L字のカウンター席は立ち食いのスタイルですが、隣の席とはこのようについ立が立てられています
DSC_9225


小豚ラーメン 生たまご チーズ
値段:¥1100(チーズ+¥50、生たまご+¥50)
スープ :醤油トンコツ、豚肉の出汁
麺 : 極太平打ちちぢれ麺
具 : チャーシュー・キャベツ・もやし

しばらく待って2nd.ロットの1番目で出来上がりました
コールはニンニク少し、ヤサイです
チーズと生たまごを追加しました
DSC_9229

サイドビューです
ヤサイの盛りは控えめですが凶暴なルックスの塊チャーシューがドンブリからこぼれ落ちそうです
DSC_9228

麺は不規則な形の極太平打ち麺
前回、二郎 茨城守谷店で350gがきつかった反省から今回は麺量200gに
DSC_9230

チーズを絡めて食べたり
DSC_9232

生たまごを絡めて食べたりと楽しみ方は多彩です
DSC_9241

塊チャーシューもすごいボリューム
これは早いトコ片付けなければ後半に効いてきます
DSC_9234

うで肉の塊チャーシューは赤身が中心ですが、すごく柔らかく旨いです
DSC_9236

量もたっぷりあって大満足です
DSC_9240

量的には麺量200gなので余裕で完食でしたが、今回驚いたのが周りの人の食べるスピード
開店直後ということもあり、番号が書かれたカウンターに順番に通され、ラーメンも順番に着丼となります。
2nd.ロットの中では最初に着丼したのですが、同じロットの人が次々と先に食べ終わりだんだん焦ってきて
自分も食べるのが遅い方ではないのですが、6人中4位で完食
隣でまだ食べてた人は麺量600gだったので、比べたら失礼ですけど

麺量200gでも食べるのが遅くても、食べ終わったらお店の人から「グッジョブ」と讃えられます
ごちそうさま。
イメージ 4
2020/9/24


夢を語れ 滋賀
営業時間:17:00~22:00
定休日:月曜日
駐車場:有り
お店twitter:https://twitter.com/yumeshiga
 
二郎系ラーメンを食べてグッジョブと言ってもらいたいっ、という人は、クリック
イメージ 8