ラーメン同好会

広島を中心にラーメンの食べ歩きをしています

カテゴリ: 大分県

トラの夢少し前のネタになりますが、正月に食べた大分のラーメンですこちらはかつて食べログ第1位だったこともあるそうで、だいぶ前に行った一骨家と関係があるそうです(2020年2月現在 大分県ラーメンランキング第4位)約20分待って入店、こちらがラーメンのメニューですデ ...

うまか亭今年杯目の麺は正月に帰省していた大分のラーメン高塚愛宕地蔵尊という初詣スポットへお参りした後の昼食です入口には大分県玖珠町のゆるキャラ、くるりんがお出迎えです店内はテーブル席と小上りがあり、こちらは卓上のメニュー特製ラーメン値段:¥780スープ :豚 ...

牛ごろ お盆は実家のある大分へ帰省していました こちらのお店は大分市の中心部にあるお店、外観からお分かりかと思いますが、牛推しのお店です 2014年5月に開業したときは同じ建物の少し奥まった所に店がありましたが、2018年5月1日に現在の場所に移転し、大通りに面し ...

ちゃが商店 お盆は実家のある大分へ帰省していました こちらのお店は大分市の中心部のアーケード入口にありますが、宮崎と大分に1店舗ずつあるお店のようです 店舗前のスタンドメニュー つけ麺専門店ののぼりがありましたが、らぁめんとつけめんの2枚看板のよう ...

太一商店 今年の杯目は正月に帰省していた大分のラーメン屋さんです 人気店のようで、14時をまわってましたが、待ってるお客さんがいるほどでした 卓上のメニューです 二郎系のメニューが並ぶお店です(写真右下クリックで拡大) 野菜増しは無料 そしてラ ...

香蘭 しゃんらん お盆は実家のある大分へ帰省していました。 実家は結構田舎の方にありますが、近所にある道の駅に最近中華料理屋さんが出来たとのこと。一度行った母が美味しいと勧めるので行ってみました。 店名は香蘭と書いてシャンランと読みます。佐世保駅ビル ...

井手ちゃんぽん 佐賀県の武雄市にある昭和24年創業の井手ちゃんぽん。 野菜の量がハンパないとのことで噂には聞いていましたが、大分の中津を通りがかったところ、井手ちゃんぽんの看板を発見 中津にも出来たんだと思い、立ち寄ってみることにしました。 ...

丸優まるゆう   今年杯目のラーメンです   正月は実家のある大分へ帰省してました。   大分のラーメン屋さんは年に数回帰省するだけなので、あまり詳しくありませんが、大分ラーメンと銘打っているこちらのラーメン屋は以前から気になっていて、今回初めて行って ...

まる重 まるしげ GWの続きです。 長崎でチャンポン・皿うどんを食べた後は実家のある大分へ。   このお店はオープンして1年くらいだったと思いますが、最近うちの会社がこの近くの仕事を受注し、旨いよという話を聞いたので行ってみることにしました     ラーメン 並(野 ...

宝来軒   お盆なので実家のある大分県に帰省してます。   今日は大分県の老舗ラーメン店を紹介します。 伺ったのは中津市にある本店ですが、県内に支店が数か所あります。   以前行った嬉屋もこちらで修業したらしいです。   この宝来軒 本店は昭和33年の創業 ...

あけましておめでとうございます。 今年も“ラーメン同好会”をよろしくお願いします!     今年最初の記事は、正月に帰省した大分県から。   宮崎県との県境付近に轟(ととろ)という地区があるのですが、「となりのトトロ」と同じ地名であり、映画を彷彿させる ...

一骨家 いっこつや   先日、超BIGサイズのスペシャルチャーシューの入ったラーメンのある、 幻のラーメン亭を紹介しましたが、 今回もチャーシューネタです。  ブヒッ   今回は、大分県にあるこのお店、大分県でも人気がある有名店です             ...

きりん亭 6月1日に40万アクセスを達成しました 今後ともラーメン同好会をよろしくお願い致します   さて、今回は湯の街別府の冷麺屋さんです。   別府には古くから冷麺が食文化として根付いているらしく、冷麺専門店やラーメン店で一年を通して食べられているそうです   ...

あけましておめでとうございます。 “ラーメン同好会”をいつもご覧頂き、ありがとうございます!   宇佐神宮/大分県宇佐市 新年最初の記事は実家のある大分県から。 広島へ戻る途中に大分県宇佐市にある宇佐神宮へ行ってきました。 宇佐神宮は全国四万四千社と言わ ...

とん太   だいぶ前にさかのぼって、GWに実家のある大分に帰省したときの報告です。   とん太は全国にフランチャイズ展開しているラーメン屋さんで、広島では中国道 七塚原SAにあります。   大分では国道10号線沿いの、白滝橋たもとに昔からあって、長く続いている ...

↑このページのトップヘ